埼玉県シニアライフ案内士・エンディングノート技能士が運営しています。


葬儀社見学 決定!

 2019年10月22日火曜日 10:00~11:00

(株)花みずき葬祭さん(葬儀社)が、今時の葬儀事情をお話くださいます。

 参加費:無料

 

 

終了いたしました。

 

参加者の声「日頃聞けない話が聞けて、とてもよかったです。準備が必要だと納得しました。」

 


エンディングノート講座 決定!

 2020年1月13日(月)祝日

 会場 埼玉県民活動センター 

 エンディングノートの書き方と相続の基本をお話いたします。

 

お申込みは 県活サイトにて

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


Soken倶楽部 ホームページへようこそ!

樹木葬といっても色々あるのをご存知ですか?


樹木葬を希望される方が増えています。あまりお金をかけたくないので…という理由で、散骨をしたいという方もいます。

樹木葬といっても、その方法はさまざまです。地方自治体の認可によっても違いますし、お寺によっても違うのです。

ご自身が希望する樹木葬を決めるには、やはり見学して情報を知ることが一番ではないでしょうか?

 

 

葬儀の適正価格をご存知ですか?


葬儀はしないという方も増えているようです。直葬といって、すぐ火葬されるのです。天国へ無事にいってもらう儀式だから、葬式はやっておきたい。でも、安価な家族葬でいいかな? などと思っていませんか?家族葬って、どのくらい安くなるのでしょうか?

また、想いを大切にしてくれる葬儀社に葬儀をお願いしたいですよね。やはり、事前に見学・相談をしておくとよいですね。

 

 

エンディングノートは


終活といえば、エンディングノートです。あなたはエンディングノートをお持ちですか?持っている方、記入をされましたか?

エンディングノート終活に必要な準備がはっきりとしてきます。そして、家族が仲良くしておくことが大切だとわかるものです。

 

終活に必要な準備はいろいろあるものです。一度にはできません。まだ先というより、今からできることを整理していくことで、ゆったりとした老後を過ごすことができますね。

 

 


Soken倶楽部会員募集中!

発足記念 エンディングノート プレゼント!

なかなか一人で行動するのは難しいと思ったあなた、ぜひ、みなさんで情報を集めて共有していきましょう。 

 

Soken倶楽部では エンディングノートを基に、終活に必要な情報やシニアライフを学んでいきます。同時に、同じ地域の方々と葬儀社や墓地を見学していき、情報を共有していく会です。

倶楽部会員の会費は実費のみでスタートいたします。

 

ご入会の方へは記念としてエンディングノートを差し上げています。

 

倶楽部会員お申込みは 下のお問い合わせから (#^^#)

 


メモ: * は入力必須項目です


Soken倶楽部 代表 向井眞弓 です。

こんにちは。ここまで読んでくださってありがとうございます。 代表 向井眞弓です。

終活を意識したのは50代半ばになります。子供が成人を迎えるようになり、親の役目もそろそろ終わりだなと思ったころです。次は年取った親の世話か?そして、自分たちかなと漠然と考えていました。

ただ、子供は娘ばかりなのです。家をついでもらっても、もし結婚すれば性も変わるのだろうな。

 

我が家には 墓 は必要ないのかな・・・⁈

 

と思いついた時、どうしよう!!!と目覚めてしまいました。まだ先、でも、気になると落ち着かない性分から、毎日のように、どうなのだと考えていたように思います。

 

やはり、一人で悩んでも何も解決しませんでした。ちょうどその折に出会ったのが終活協議会です。終活ガイド検定という講義を聞き、墓を作らない人向けの 終活の方法 を知ることができました。

 

そして、今、終活の方法を知りたい方へ伝える立場として活動を始めています。

 

取得資格

 ◆ 埼玉県シニアライフ案内士

 ◆ 終活ガイド認定講師

 ◆ エンディングノート技能士

 ◆ 小学校教諭・幼稚園教諭

 ◆ 資格支援能力振興協会認定 子育て支援カウンセラー

 ◆ 日本医療教育財団 産前産後ヘルパー技能認定

 


エンディングノート講座

エンディングノートをお持ちですか?

社会人になったら、1人1冊のエンディングノートを持つとよいですよ。と唱っている専門家もいます。作っていた方もいらっしゃると思いますが、『備忘録』のような存在になるのです。

ネット社会となった現在、もしもの場合にネット上で契約した、たとえばブログ・SNSなどの解約を誰かに頼まないといけません。そのためには、日ごろからログインパスワードなどを保管しておく必要がありますね。

そう考えると、単に手元にあるノートに記入しておけばよいですよね。それでも十分です。

ただ、記入する項目に偏りがあり、真に役に立つノートにするように、十分気を付ける必要がありますね。 終活の準備は色々あります。 それよりは数百円のエンディングノートを購入されたほうが安心です。

 

エンディングノートの書き方を知るということは、終活に必要な知識を学ぶということと似ています。人間、みな、いつかお迎えがきます。その時のための準備は誰でも必要です。 終活の知識を学んでいくと、気づくことがあります。

 

家族と仲良くしておくことが大切。ということです。「遠くの親せきより、近くの他人」ということわざもありますが、もしもの時には、他人では解決できないことが多いものです。

 

 ***************

 

エンディングノートを手にしたけれど、書き方も、終活の情報もわからない。という方のために、個別講座をお受けしています。数人集まった集団での講座でもお受けします。

 

また、受講の時間内に、終活のご相談もお伺いします。

 

個別エンディングノート講座・・一人5400円で5回まで受講可(1回1時間)

 

グループエンディングノート講座・・一人3240円で3回まで受講可(1回1時間)

 

*どちらも、心託会員は何度でも無料で受講できます。

 

エンディングノート講座の お申込みは下のお問い合わせから。個別かグループかの区別をしてお申込みください。

メモ: * は入力必須項目です